Quantcast
来館案内

来館案内

住所
1000 Fifth Avenue at 82nd Street
New York, New York 10028-0198
総合案内: 212-535-7710
TTY: 212-570-3828

注:メトロポリタン美術館には、Fifth Avenue/ 81st Streetの交差点か、Fifth Avenue/82nd Streetの交差点から入館できます。


開館時間*
週7日
金・土曜日 午前10時~午後9時
日~木曜日 午前10時~午後5時30分
休館日:感謝祭、12月25日、元旦および5月第1月曜日

*ギャラリーは、閉館15分前に退出する必要があるのでご注意ください。

注:ここにあるリンクの多くは、英語のページに接続しています

美術館の入り口では、間取り図とツアーを日本語でご案内しています。大ホールのインフォメーションデスクで、日本語サポートを受けることも可能です。 また、間取り図のダウンロード(日本語) (PDF)もご利用できます。 オーディオガイドにも、一部の情報が日本語で録音されています。


入場料
入場料にはメトロポリタン美術館本館のほか、一週間有効のクロイスターズと庭園(The Cloisters Museum and Gardens)への入場券が含まれています。企画展も追加料金なしでご覧いただけます。

10名以上の成人・学生の団体、および人数に限らずすべての外部機関主催のガイドツアーのご見学は事前予約が必要です。

希望料金
大人 $25
シニア(65歳以上) $17
学生 $12
会員(Join Now) 無料
12歳未満のお子様(大人同伴) 無料


特別展示の費用を補填するため、希望料金の全額をお支払いくださるよう、お願い申し上げます。

時間節約のため、当日待たずに入場できる前売り券を今すぐオンラインで購入:

前売り券は以下の外部サイトでもご購入いただけます。

エクスペディア トラベロシティ

Metをはじめ、ニューヨーク市の観光スポットへの入場券がセットになったお得な割引パスもご購入いただけます。

New York City Pass CityPASS: メトロポリタン美術館とニューヨークを代表する5つの人気観光スポットの入場券がお得なセットになった、ポケットサイズの前売り券の冊子。最大42%オフ。
New York Pass The New York Pass: 1・2・3・7日間の有効期限からお選びいただけます。メトロポリタン美術館を含む70以上もの観光スポットへ数に制限なく無料でご入場いただけます。200ページにわたるガイドブックと地図、各施設へのアクセス情報をはじめ、レストランやブロードウェイのショー、ショッピングでご利用いただける割引券付き。 1,300ドル相当以上の入場料がパスに含まれています。
Explorer Pass New York Explorer Pass: メトロポリタン美術館をはじめ、50以上の人気のツアーや美術館などから、3・5・7・10つのお好きな施設を通常料金の最大55%引きでご利用いただけます。完璧な日程を立てるのに役立つフルカラーのガイドブック付き。

お友達へのギフトとして、メトロポリタン美術館のゲストパスを購入:

Guest Passes

*当館は、学生の入場が無料になる複数のプログラムに参加しています。市内の全ての公立学校およびBard Graduate Center、Barnard College、Columbia University、Institute of Fine Arts at New York Universityの学生の方は無料でご入場いただけます。それぞれの学校において、学生証の提示で入場無料となるかをご確認ください。


見学のクイックヒント 
美術館の入り口は、Fifth Avenue/81st StreetとFifth Avenue/82nd Streetのそれぞれの交差点にあります。 
ギャラリーでの飲食は禁止されています。 
ペットボトルの水は、館内持ち込み可能です。 
フラッシュ撮影とビデオカメラは、館内では使用できません。 当美術館の包括的な撮影ポリシーについては下記参照。 
ギャラリー内でのペンの使用は禁止されています。 当美術館の包括的なスケッチおよびコピーポリシーについては下記参照。 
ベビーカーは、特に指定のない限り、すべてのギャラリーで使用できます。 
車椅子も、クロークで貸し出します。


軽装で時間を節約
すべてのバックパックおよび荷物は、クロークに預ける必要があります。 列で長時間待たなくて済むように、バックパックや荷物は持ち込まないことをお勧めします。
旅行カバン、機内持ち込み用バッグ、大型バックパックは、館内では禁止されています。クロークに預けることもできません。
コートや小型の傘は、ギャラリーに持ち込めます。 大型の傘は預ける必要があります。


駐車場
美術館の駐車場は、Fifth Avenue/80th Streetの交差点にあり、24時間365日営業しています。 障害を持つ来館者には、駐車場に指定のスペースが割り当てられています。 車高制限は、6フィート6インチ(198 cm)です。 障害を持つ来館者がオーバーサイズの車を使用する場合には、制限を前もって変更することが可能です。 月曜日から金曜日の9:00 a.m.~5:00 p.m.に、212-879-5500(内線3561)までご連絡ください。 駐車代と営業時間については、 General Information(英語)をご覧ください。


団体見学
10名以上の成人・学生の団体や、人数に限らずすべての外部機関主催のガイドツアーのご見学は事前予約が必要です。詳細は団体ツアーのページをご覧ください。


イベントとプログラム
当館は、広範な教育プログラムを見学者すべてに提供しています。それらのプログラムには、成人向けの数ヶ国語によるガイド付きツアー、ギャラリートーク、講義、および映画のほか、家族や学生向けの多数の活動が含まれています。 これらのプログラムのほとんどすべてが、入場料以外は無料で提供されます。 詳細についてはPrograms(英語)、毎日のイベントリストについては、Calendar(英語)を参照してください。


オーディオガイド
Metオーディオガイドは、キュレーターとエデュケーターによるメット常設コレクション/特別展示に関する洞察に満ちた解説を75時間以上も収録しています。 オーディオガイドの大半は英語でしか利用できませんが、インターナショナル・ツアーは、日本語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語、、中国語、および韓国語で聴くことができます。

ディレクターズ・ツアーのオーディオサンプル

<p>Please enable flash to view this media. <a href="http://get.adobe.com/flashplayer/">Download the flash player.</a></p>

Metオーディオガイドは、全盲、部分的に目が不自由、または難聴の見学者に無料で提供されます。 オーディオガイドのプレーヤーには、音量調節とヘッドセットが付属しています。 ご要望があれば、Tスイッチ付きの補聴器用ネックループを提供いたします。 正規の大型活字で印刷したオーディオガイドプログラムの脚本(英語のみ)も、ご要望があれば提供いたします。目の不自由な来館者の場合は、無料です。


Metでのお食事
メトロポリタン美術館では、多様なダイニングオプションをお楽しみいただけます。 メトロポリタン美術館でご利用いただける飲食施設の完全なリスト(英語)については、Dining at the Metをご覧ください。 当館のすべての飲食施設で、Visa、MasterCard、American Expressをご利用いただけます。


Metストア
大ホールの外れと館内の便利な数か所に配置されたMetストアでは、当美術館制作の複製と出版物に加え、常設コレクションや特別展示に関する商品を取り揃えています。 オンラインのMetストアでも、2,000点以上の製品をご購入いただけます。 美術館の会員の方は、オンライン、メトロポリタン美術館、カタログによる通信販売、すべてのMetストアの店舗で、10%の割引きをご利用いただけます。


 
見学の支援
メトロポリタン美術館は、すべての来館者を歓迎いたします。 当美術館は、下記の物理的な見学支援の基準を満たしているだけでなく、すべての見学者をレギュラーベースで受け入れるイベントとプログラムを提供しています。 詳細については、 Programs for Visitors with Disabilities(英語)をご覧ください。

クロイスターズ美術館は、歴史的建造物という性格上、運動障害をお持ちの方にとって見学が困難な場合があります。 詳細(英語版)については、 The Cloisters Museum and Gardensをご覧ください。

車椅子



メトロポリタン美術館は、Fifth Avenue/81st Streetにあるストリートレベルの入り口か、Fifth Avenue/80th Streetにある美術館駐車場から、車椅子利用者が入館できる構造になっています。 車椅子は、クロークで、先着順に無料でご利用いただけます。 予約の必要はありません。 館内で車椅子利用者をエスコートするボランティアガイドもご利用いただけます(要予約)。 詳しい情報または予約の手配については、212-570-3954までお問合せください。 アクセスマップ(英語)は、大ホールのインフォメーションデスクとRuth and Harold D. Uris Center for Educationでお求めいただけます。

リスニング補助装置



限られた数の美術館ツアー/プログラム用FMリスニング補助装置が、大ホールのAudioGuideディスクでご利用いただけます。 Grace Rainey Rogers AuditoriumおよびRuth and Harold D. Uris Center for Educationでは、赤外線サウンド強化システム(ヘッドセットとネックループ)をご利用いただけます。 Grace Rainey Rogers Auditoriumで、ヘッドセットやネックループをご利用になりたい場合は、ask an usher. 案内係にご相談ください。 Ruth and Harold D. Uris Center for Educationでは、担当のプログラムリーダーからヘッドセットまたはネックループを借り受けることができます。 ヘッドセットとネックループは、IDの提示により、無料でご利用いただけます。

手話通訳



当館では、定期的に、音声通訳とアメリカサイン言語の手話通訳による多様なプログラムを提供しています。詳細については、 Programs for Visitors with Disabilities(英語)をご覧ください。

介助動物
当館では、介助動物の来館を歓迎しています。

ガイド付きツアーと言語イメージツアー



メトロポリタン美術館では、盲目または視力の弱い来館者のために、いくつかの国際言語によるガイド付きのタッチツアーと言語イメージツアーを提供しています。 詳細については、 Programs for Visitors Who Are Blind or Partially Sighted(英語)をご覧ください。

公衆電話



館内には、音量調節付きの公衆電話が設置されています。 駐車場の入り口には、TTY公衆電話が1台設置されています。

 


手荷物とクローク
機内持ち込み用バッグやオーバーサイズのバックパックなどの手荷物は、館内に持ち込むことも、美術館のクロークに預けることもできません。 すべてのバックパック、大型バック、傘は、クロークに預ける必要があります。 コレクションの安全のため、来館者がギャラリー内でバッグを背負うことは禁止されています。 飲食物の館内持ち込みは禁止されています。クロークに預けることもできません。 メトロポリタン美術館は、クロークに預けられるものと預けられないものを決める権利を留保します。 当美術館の手荷物/クロークポリシーについてご質問がある場合は、セキュリティオフィス(212-570-3781)までお問合せください。


ベビーカー 
ベビーカーは、大半のエリアで使用できます。ギャラリーでの制限については、インフォメーションデスクにお尋ねください。 オーバーサイズのベビーカーやジョギング用ベビーカーは禁止されています。


遺失物取扱所
当館で忘れ物をした場合は、遺失物取扱所(212-570-3981)までお問合せください。


応急処置
ギャラリー内で応急手当てが必要な場合は、お近くのセキュリティオフィスにご連絡ください。


写真
私的かつ非商業的用途のスチール写真は、常設展専用ギャラリーでのみ撮影を許可されます。 写真は、出版、販売、複製、転写、配布のほか、他のいかなる営利目的にも使用できません。 特別展示室または「No Photography]と記されたエリアでは、写真の撮影は許されません。 個人のコレクションまたは他の機関から借りた美術品の撮影は許されません。 フラッシュ撮影は、いつでも、すべてのギャラリーで禁止されています。 映画用カメラとビデオカメラも禁止されています。 三脚を使用するには、大ホールのインフォメーションデスクで発行された許可証が必要です。三脚を使用できるのは、水曜日~金曜日のみです。

報道写真などの特別な撮影(映画やビデオのプロジェクトなど)については、営業時間内(月曜から金曜の9:00 a.m.から5:00 p.m.まで)に、電話(212-879-5500、内線3441)またはFax(212-472-2764)で、広報部までお問合せください。 私的な非商業目的以外による当美術館所有の美術品の写真に対する要求については、 The Image Library(英語)を参照して、詳細をご覧ください。 当美術館は、単独裁量権として、館内での撮影やコレクションの写真の複製を許可および/または禁止する権利を留保します。


スケッチとコピー
鉛筆だけのスケッチは、メトロポリタン美術館のすべての常設展示で許可されています。 スケッチは、大半の特別展示でも許可されています。 現在の展示とガイドラインについては、大ホールのインフォメーションデスクにお問合せください。

ボールペン、インク、マーカー、万年筆、水彩絵の具の使用は、常に禁止されています。 クレヨン、パステル、墨は、美術館が監督し、特にその使用を認可したツアーの場合のみ許可されます。

スケッチは、ギャラリー内の見学者の流れを妨げないように行なってください。

当美術館は、見学者の多い時期、このスケッチポリシーに必要な調整を加える権利を留保します。


本館への交通案内

地下鉄とバスで

クロイスターズ美術館から: 82nd Street/Fifth Avenueの交差点までM4バスで直行。

マンハッタンのイーストサイドから: 4、5、または6の地下鉄に乗って、86th Streetで下車。Fifth Avenueまで3ブロック歩く。あるいは、M1、M2、M3、またはM4のバスに乗って、Fifth Avenueを(アップタウンから)82nd Streetまで南下するか、Madison Avenueを(ダウンタウンから)83rd Streeまで北上。

マンハッタンのウェストサイドから: 1トレイン(地下鉄)に乗って86th Streetで下車。次に、M86バスでCentral Parkを横切り、Fifth Avenueに到着。あるいは、81st StreetまでCトレインに乗り、M79バスに乗り換えてCentral Parkを横切り、Fifth Avenueに達する。

ペンシルバニア駅から: 83rd Street/Madison AvenueまでM4バスに乗る。 バスと地下鉄の地図については、MTA Webサイトを参照。

車で

The Cloisters、Bronx、Northern New Jersey、New Englandから:南行きHenry Hudson Parkwayを96th Street出口まで走行。 Central Parkを横切り、Fifth Avenue方面へ右折。80th Streetでメトロポリタン美術館の駐車場に入る。

BrooklynとStaten Islandから: Williamsburg Bridge、Manhattan Bridge、Brooklyn Bridge、またはBatteryTunnelから北行き(アップタウン方向)のFDR Driveへ。96th Streetで出る。 York Avenueで左折。86th Streetで右折。Fifth Avenueで左折。80th Streetでメトロポリタン美術館駐車場に入る。

Southern New Jerseyから: New Jersey TurnpikeをHolland Tunnel-Uptown出口まで走行。 Hudson Streetを北上してEighth Avenueに入り、Central Park Westに至る。86th Streetで右折し、Central Parkを横切り、Fifth Avenueで右折。80th Streetで美術館駐車場に入る。

Bronx、Queens、Long Island、Upstate New York、New EnglandからTriborough Bridge経由で: 南行き(ダウンタウン方向)のFDR Driveを96th Street出口まで走行。York Avenueで左折。86th Streetで右折。Fifth Avenueで左折。80th Streetでメトロポリタン美術館駐車場に入る。
QueensとLong IslandからQueensborough Bridgeを経由:どちらかのレベルを使用。右車線出口から60th Street(西行き)へ出る。Madison Avenueで右折し、北上(アップタウン方向)する。81st Streetで左折後、Fifth Avenueで左折。80thStreetでメトロポリタン美術館駐車場に入る。